滋賀の工務店で家を建てるメリット

滋賀で新築を立てるときに工務店に依頼するメリットとしてコスト面があります。

管理コストの安い小規模な会社が多いのでほぼ原価に近い金額で建築可能で、ハウスメーカーと違って仕様制限もないため都市部の狭くて複雑な形をした土地でも安く建築できます。計画期間もそれほど時間がかからず仮住まい費用なども抑えられます。



自分の好きなように滋賀で家の設計もしたい場合でも、自由度がハウスメーカーと違って法令や予算以外の制約はありません。

ただ工務店の主な業務はあくまで設計ではなくて施工であって、保守的な傾向もあるので使い慣れた素材や施工の効率、自社が安く仕入れることが出来る素材に拘ることもあって設計で制約されることもあります。

他にもフランチャイズや特定工法、設備を押しているとハウスメーカーと同様仕様のレベルで設計の制約があったりします。



デザインも気配りをしないところや建築家に負けないほどのデザイン力に優れたところもありますが、基本的にはデザイン専業の建築家よりはデザイン力は劣ると考えたほうが良いです。


品質に関しては監理をする人とされる人、確認するところとするほうも同じ会社なのでチェック機能が働かないこともあります。

建築士のいない工務店だと知り合いの建築士から名前だけを借りていることも一般的です。
ただ、そのために欠陥住宅になりやすいかというのは別です。
第三者のチェックがなくても職人のプライドで手抜きをすることなく技術力の高いところは多数あります。

工務店は滋賀の地域密着型なので、地元で評判を落とすような行為はしませんし、経営者も人がよい素朴な人が多いです。